梅華会耳鼻咽喉科 武庫之荘駅前クリニック 院長・吉本公一郎

梅華会耳鼻咽喉科 武庫之荘駅前クリニック 院長・吉本公一郎

副鼻腔炎は、我々耳鼻咽喉科医師が外来診療の場でもっとも遭遇することが多い病気のひとつです。
鼻の症状が軽い鼻漏や鼻閉であっても、集中力の欠如や不眠、頭痛の原因になることも考えられます。
また、適切な治療をすれば速やかに改善することが多い急性副鼻腔炎も放置されると慢性化し、手術が必要になってしまうことも心配されます。
お薬で改善が期待できる副鼻腔炎、手術が必要な副鼻腔炎、体質的な問題で長期間おつき合いが必要な副鼻腔炎など、副鼻腔炎も様々です。
当院では、受診された際にファイバースコープで鼻内の所見をモニターにて患者様にお見せして、粘膜の腫れ具合や鼻漏の出方、鼻茸(ポリープ)の有無などについて具体的にご説明し、病態を十分にご理解頂いた上で治療をお勧めしております。
鼻漏、鼻閉、不快な臭い、あるいは嗅覚の低下など気になる症状がある方は、ご遠慮なくご相談下さい。